\3兄弟5人家族の家計簿公開しています/

【3児ワーママ】しまうまフォトブックで簡単に成長記録を作ろう!【口コミ】



お子さんの成長記録、どのように管理していますか?

スマホで気軽に写真が撮れるようになった一方、撮るだけ撮ってそのままにしていませんか?「カタチ」にするだけで全然違いますよ。

そこで、しまうまプリントのフォトブックを紹介します。

子どもの成長を安くて早いしまうまプリントのフォトブックでカタチにしよう !

子どもの成長って著しいですよね。

特に乳児のころなんて数か月、いや1週間単位で変化していたかもしれません。あんなに首が座ったこと、寝返りをうったこと、ずりばいをしたこと、歩いたこと、全部嬉しかったはずなのに、記憶というものは日常に追われ段々薄れてしまうものです。

やはり「記録」に残すことも大事だと思うのです。

そこで我が家が記録として作成しているのがしまうまプリントのフォトブックです!!

 

【しまうまプリント】インターネットでかんたん作成フォトブック

長男・太ちゃんは0歳から始めて6冊、次男・陽くんは3冊と毎年1冊ずつ増えて行っております。

 

ハレバレちゃん

まさに成長の記録。顔をお見せできませんが、なんて可愛い…!!(親バカ)

 

タイトルは「名前 X歳 20XX.2~20XX.1」としています。シンプルイズベスト。

 

表紙カラーは子どもごとに統一していますが、2020年にカラー変更があり現在は15色から選ぶことが出来ます。

 

A5スクエアサイズにしていますが、とても可愛いです。

前面写真にしてもよし、余白を活かしてもよし、で可愛いです。

72ページで作っています。厚さはこんな感じです。

背表紙もしっかり入っています。(画像で隠していますが…。)

 

これで一冊658円♪大満足です。

サイズは「文庫サイズ」「A5スクエアサイズ」「A5サイズ」「A4サイズ」の4種類。

ページ数は24ページ~144ページの中から6段階に分かれています。

 

文庫サイズで作っているママ友のフォトブックも見ましたが、これも可愛いです。

文庫サイズは24ページまでは198円で作成可能です。(前は36ページまでこの値段でしたが値上がりしました。)

 

 

しまうまプリントのフォトブックのこの安さを活用する方法が、「数冊作っておじいちゃんおばあちゃんにもプレゼント」です。喜ばれること間違いなしです!

我が家では、自宅用以外に両方の親の分と全部で3冊作っています。とても好評です。

 

今はSNSやアプリ等で写真は簡単に共有が出来ますが、まだまだアナログの力は侮れません。

時々思い返したように見てくれているようです。

特に弟の分を送ったときには、お兄ちゃんのその年齢のフォトブックを出して合わせて見ているみたいです。

 

送料もポスト投函なら税込110円で済みますので遠方のおじいちゃんおばあちゃんにもプレゼントできますね。手渡しでの送料は600円ですがポスト投函で今まで困ったことはありません。(餃子のパッケージみたいな入れ物に入ってポスト投函してくれます。)

 

そして、注文してから3日で到着しました。仕事が早いです。

しまうまプリントのフォトブックの作り方・こだわり4選

レイアウトのパターンを選んで、写真を当てはめていくだけ。

見開きを使った写真は迫力満点ですし、1ページに最大4枚いれることも可能です。

 

私のこだわり

  • 子どもだけ(ワンショット)でなく友達や家族、色々な人が写っている写真を選ぶ
  • はじめて○○できた日や時期は具体的に書く
  • 保育園の作品は本人と共に撮影してから、さよならする
  • 最後のページは母親からと父親からのそれぞれのメッセージとツーショットを入れる



色々な人が写っている写真を選ぼう

両親にもプレゼントをしますから、家族の集合写真を正月等に撮ると思い出になります。

私の父親は孫の写真も嬉しいけど、娘(私のことです)の写真も見たいと言います。私の祖母はひ孫の写真も嬉しいけど、孫(私のことです)の写真も見たいと言います。

なので私自身は私が写るものに興味はありませんが、意識して入れるようにしています。

あとは友達の成長も残せて楽しいですよ。みんなあんなに小さかったのに…!と振り返る度に感じます。

 

曇ちゃん

ハレバレちゃんも若かったんだね…
なんだとぅ!?!?

ハレバレちゃん

 

はじめて〇〇が出来た!の記録は書いておいたほうが良し

記憶力に絶対の自信があればいいですけど、私なんかは全く自信がないので記録として残しておきます。

もちろん作成時にすでにおぼろげなこともよくあって、「○ヶ月頃  首が座ったね☆」とか「○月頃  はじめての公園」とかざっくりです。

離乳食の写真(食べ物だけ)を写すのも良かったです。

食べ始めたときのトロトロのご飯から、1歳前には我が家はもう普通ごはんになっていたので、その成長を感じることが出来ました。

当時めちゃくちゃ好きだったオモチャとか景色とかあればそういうのも残しておくといいかもしれません。

保育園に入ってからは、演奏曲名や運動会の競技名も記録しています。何歳のときにどれをしたかすぐわからなくなるので(笑)

 

陽くん

プレゼントを並べた写真はテンションあげあげだよ!!ウルトラマン!

 

保育園の作品はフォトブックの中で生き続ける

絵やら工作やら1年の間に結構作品が増えます。大事な我が子の作品は全部残したい、でも家のスペースには限りがある…だからこそのフォトブックです。

フォトブックに残しておけば満足度高しです!我が家の場合はこのような感じです。

 

太ちゃん

太ちゃん特製のロボットだよ☆

 

撮影会をした後はもったいないけれど、こっそりとさよならします。

母親と父親それぞれのメッセージで子どもたちへ愛情を伝えよう

フォトブックの構成は特に決まってないですが、唯一決めているのが最後のページです。

「お母さん→太ちゃん」

「お父さん→太ちゃん」

から始まるメッセージです。

(↓編集ページを加工しています。これは4歳をまとめたときのものです。)

誤字脱字と表紙の確認は曇ちゃんにもしてもらいますが、基本的に全て私が写真選びからレイアウト、コメントを作成しています。

ですが。

最後、お父さんからのメッセージを用意することでしっかりと参加してもらいます。そして子どもへの思いを書いてもらいます。パートナーが書くメッセージを読むと、この一年について思っていることを知ることが出来ていいですよ。

 

ハレバレちゃん

それぞれの感じ方があって面白いです。パートナーはこんな風にこの子の性格をとらえてるんだなぁとかこれが1年で1番印象深かったんだなぁとか。

 

スマホはとにかくシンプルに作りたい方にオススメ

スマホアプリがあり、それを使って作成することが可能です。

使ってみた感想としては、構成はシンプルでOK、スマホに撮り貯めたものをとにかくまとめたい方にオススメです。

もちろんレイアウトはパソコンと同じものが使えますが、ちまちま作業するのは結構大変に思えました。

あとフォントの選択が少ないです。私が使っている「じゅんフォント」がアプリにはありませんでした。(パソコンは5種類、スマホアプリは3種類)

 

こだわるならパソコンで作業されるのをオススメします。

しまうまプリントのフォトブックのデメリット3選

私は満足しているしまうまプリントのフォトブックですが、デメリットとして考えられることを書いておきます。

のど(本を開いたときの真ん中のところ)が見切れる

編集画面でもアナウンスしてくれるので、気づけるのですが、どうしても本の作りとしてのど部分が発生するため、写真の位置や写真の選択には気を付けないと大切な人の顔が見切れることがあります。

特に見開き(2ページを使って大きく写真を使う)ではうまく位置調整しないといけません。

これは「プレミアム」や「プレミアムハード」という仕様にすると改善されます!

しかし658円のフォトブックが2,231円、4,178円にまで跳ね上がるのでご注意ください。

編集データの保存期間が90日しかなくデータが削除されてしまう

せっかく作ったデータなのですが、90日しか保存されません。なので改めてもう一度注文したいと思ったときにはデータがない!ということが考えられます。

ただし、「最終更新日」から90日となっているので、なんらかの更新作業をすればずっと延長することは可能です。

我が家では潔く90日を過ぎたデータは消えていってしまっていますけどね…。3冊あるから紛失や自然災害などを考慮しても最悪誰かの家にはずっと保管されているはず…。

デメリットを上げてみましたが、私の中では納得できるレベルのものばかりです。やっぱりいいところの方がたくさんありますね。

豊富なレイアウトについこだわりすぎて時間がかかってしまう

…デメリット????

28種類もあるレイアウトとたくさんの写真を組み合わせていると、楽しくてついこだわりすぎてしまいます。見開きで大きく見せようかとか、小さくなるけどいっぱいこのイベントの写真は詰め込みたいとか、やればやるほど奥深い…。

1日では全く終わりません。

時間を大事にしたい方は同じレイアウトで淡々と作っていくことをおススメします。

 

ハレバレちゃん

時間ないなかで、あーでもないこーでもないってやるのが楽しいんだけどね(陽くん2歳のは146枚の写真を使いました。)

まとめ

今回はしまうまプリントのフォトブックについてオススメポイントをお伝えしました。正直、小さいときの方が成長の変化が大きいので、いつまで続くのかなぁ、仕事復帰して保育園に入ったら写真少なくなってしまってフォトブックに出来ないかなぁと思っていたのですが、6歳になるまで続いています。

我が家は子どもごとに誕生日月に1年分をまとめていますが、きょうだいまとめて作ったり、12月や3月を1年の区切りとして作ったりしている方もいます。(子どもごとに作っているとどうしても同じイベント・同じ写真の使い回し感はあります。)

 

大きくなって家族と過ごす時間が段々減っていってしまうのでしょうから、いずれ「中学生」「高校生」くらいの単位になるかもしれません。いずれ子どもたちが大人になったときに「こんなときもあったんだよ」と仲良くお酒なんて交わしながら振り返ることが出来たらいいなぁと思っています。

 

【しまうまプリント】インターネットでかんたん作成フォトブック

\応援お願いします/

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA